大改造、過激に進行中

大改造、過激に進行中すごい!

我ながら、すごい!

ね、驚くでしょう。

私が、なんと、酒をやめたのだから。

もう、一か月余り、一滴の酒、ビール、ワインの類を口に入れていない。

 

自分が、こういうことができるとは思ってもいなかった。

こんな風になりたいと、考えたこともなかった。

 

生涯酒を愛し、いまでいえば妻を愛し、自分の美意識と価値観を愛し、そして、心地よい酔いの中で、静かに死んでいきたい。

酒仙といわれ、かたときも酒を手放すことなく、それでいて美しい作品を残して去っていった若山牧水のように。

 

そんな私が、ぴたりと酒をやめたのだ。

それも、厳しく命じられたのでも、酒が飲めないほどの健康状態になったのではなく、身体的な数字に大きな問題があったにしても、医師にも、

「やめるほどの問題ではない」

といわれたにもかかわらず、私は自分の周囲から酒を遠ざけたのであった。

 

酒をやめた理由、きっかけは、前回も前々回も書いたが、久しぶりに受けた血液検査で、血糖値が異常に高いのと、肝機能がかなり衰えていたからだった。

これまでの酒量と年齢的なことを考えると、さほどの異常ではないのだが、

「お酒、減らしましょう。わたしたちのために」

というみゆきの言葉もあって、私はきっぱりと酒をやめた。

少なくとも、しばらくのちに控えている血液検査の結果が出るまで、控えるとか、減らすというのではなく、ぴたりとやめる。

 

酒を断大改造、過激に進行中って、わずか数日で、驚くべき反応が現れた。

それまで、毎日のように襲い掛かってくる、胸の苦しみ、痛み。

逆流性食道炎、つまり激しい胸やけだといわれ、薬をのみ続けたし、もしかしたら心臓疾患かとも疑い、ハートセンターを訪れて、心電図検査、24時間心電計装着などもしたが、はっきりした診断は下されなかった。

その胸やけ、痛み、苦しみが、数日の断酒で、嘘のように、なにかの冗談のように、ぴたりと治まったのだ。

もうひとつ、夜寝ている間に私を苦しめていた下半身、特に右脚全体に走る痺れ、激痛。

坐骨神経痛か、血流の悪さに違いないといわれ、自分でもそう思って、半ば諦めていたのだが、数日の断酒で、それもきれいさっぱりなくなった。

な~んだ、というしかない。

酒というものは、人間にとって、かくも大きな影響をもたらすものなのか。

みなさんに、伝えたい。

 

おーい、健康になるって、簡単だよ。

少し酒をやめればいいんだ。

 

大改造、過激に進行中こうして、酒抜きの暮らしに自信を持つようになり、少しは心配していた禁断症状。イライラしたり、喉を掻きむしったりという、絵に描いたような反応も現れず、これなら次の検査とはいわず、それから先もずっと続けられるのではないか。

そう思うようになった私は、さらなる先を目指してみようか、となる。

数日やめただけで、これほどに変わるのなら、もっと大きく変わってみようじゃないか。

精神的にはなんの問題もないことがわかったので、次は肉体的な改造に取り組んでみるのはどうだろうか。

 

現在の私は、昔は格好よく、性能もよく、燦然と、誇りやかな高みに立っていた車だった。

いまは、昔の名残は残していても、パワーもスピードも衰え、

「昔はよかったんだよ」

といわれる、いわばクラシックカー。

 

そんな過去の栄光、輝きにだけすがっていていいものか。

 

それでいいと思っていた。

自分には、過去しかない。

そう思っていた。

 

大改造、過激に進行中だが、数日でかくも変わる自分を見て、考え直した。

いま私が生きているのは、生きようとしている姿は、昔の私ではない。

とっくに終わったと思っていたのが、みゆきと出会って、新しい人生を生きようとしているいま、肉体も、そして暮らしそのものも変えた方がいいのではないか。

 

つまり、ガレージに眠っていて、ときどき眺めて満足していたクラシックカーに、チューニングアップを加え、磨きをかけ、ときには塗装を施し、クラシックカーは変わらないまでも、大きくアップグレードしてもいいのではないか。

 

私は、早速動き始めた。

 

まず、いまの自分がどれほど衰えているか。

どれほどポンコツになっているか。

それを調べるために訪れたのが、「一色整骨院」。

 

大改造、過激に進行中葉山に移ってきたときに新築した、御用邸近くの家に程近い、そしてそのわずか前に開業したばかりだった整骨院。

そんなとき、私が引っ越しの疲れや、さまざまな気苦労からぎっくり腰のような症状を迎え、駆け込んだことからこの整骨院との付き合いは始まった。

腰が痛い。肩が痛い。身体の動きが重い。

なにかにつけ、世話になっていた。

正しく教育、訓練を受けた数人の整体師、トレーナー、鍼灸技師。

そうしたひとたちが、ある時期の私を支えてくれたのだった。

私が一色から、いまの森戸海岸に移って、さほど大きな肉体的な不調もなかったせいもあって、足が遠のいていたのだが、今回久しぶり出かけてみたのだ。

数年前の私をよく知っているひとがいれば、いまの私の状態もわかってもらえるはず。

 

「一色整骨院」は、いくらかの模様替えはあったにしても、ほとんど以前のままだった。

「お久しぶりです」

奥から迎えに現れたひげの男性は、前は初々しい若者だったが、いまではすっかり貫禄も付いた副院長。

私の話を聞いた副院長は、まず身体をほぐすことから始めましょうと、若い女性整体師を招いた。

全身、特に腰から背中にかけてのマッサージ。

そしてとくに固まっている部分への鍼治療。

丁寧なマッサージ。

16本もの鍼。

「すごく固まっています。それに背骨をはじめとする骨格が大きく歪んでいます」

骨格矯正から始めなければならない、という。

一週間おいて、今度は前述副院長による骨格矯正。

これはすごかった。

副院長が私の身体を押し開き、捻り上げ、引き延ばし、満身の力を込めて「作り直し」しようとする。

三十分余り、私はただ唸るだけで、声もなく、なすがまま。

「はい、また来週です」

といわれても、小さなベッドから立ち上がることもなかなかできなかった。

 

だが、この骨格矯正は、眠っていた私を目覚めさせた。

帰って、ふーっと息をついて、大量の水を飲んで、プーリーをかまったりしていて、なぜか自分が生き返ったような、生まれ変わったような、そんな気分が芽生えていたのだ。

よくいうような、マニンゲンに戻った気分でもあった。

 

これは、いいや。

もっとなにかやってみたい。

 

大改造、過激に進行中葉山でも、私の「テリーズバー」に比較的近い場所に、

「Y,s BODY FACTORY」というトレーニングジムがある。

多くの機械を並べて、何人もが一斉に身体を鍛えるジムではなく、マンツーマンによる個人指導。つまりパーソナル・トレーナーのスタジオ。

初めて訪ねて会ったトレーナー日高靖夫師は、まだ若いが、日本フレックス教会の会長を務める才能ビト。

私が、大改造の趣旨を話すと、日高師、大きく頷いて、

「そうした方が来てくれるのを待っていたんです」

ジムに通ってくるひとは女性が多く、主にダイエットや、身体の柔軟性を保ち、鍛えるためのひとだという。

「だから、佐山さんのような、本格的に鍛えよう、強くしようという男性は大歓迎です。やりがいがあります」

大改造、過激に進行中年齢は、関係ないという。

やる気になった日高師。

初日だというのに、これまでやったこともないような、キツーイストレッチから。

身体を左右前後に激しくひねり、伸ばし、開き、さらにはヨガのポーズも取り入れ、私は幾度も転がり倒れそうになる。

そのあとは、機械を使っての筋力アップだが、

「最初からあまりきついとかえってよくないから」
と、次回に回す。

週一回の十回コースを選んだ。

 

大改造、過激に進行中その二回目。

みゆきが一緒に来た。

第一回とほぼ同じ。いくらかきつくなったメニューを進めているときに、みゆきと日高師はヨガについての話を弾ませていた。

そういえば、みゆきはその昔、ヨガの指導者の資格を習得していた。

いまは、葉山や逗子で行われるヨガスクールやイベントなどに参加する程度だが、

「その気になれば、ヨガ教室を開けるのよ」

ともいっていた。

トレーニングからの帰り、思いついて、

「今度、みゆきにヨガを教わろうかな」

といってみると、みゆきはぱっと表情を変えて、

大改造、過激に進行中「えっ、ホント!私とヨガをしてくれるの?本気?」

わーっ、うれしい!

と、なんと涙ぐんでいるではないか。

自分と一緒になって、人生の、身体の、心の大改造をしようとするテリーが、みゆきの胸に大きな胸に大きな感動をもたらしたようだった。

最近のみゆきは、なぜか涙もろい。

 

大改造、過激に進行中「ミユキハウス」の二階の和室が、「ミユキ・ヨガ教室」になった。

センセイひとり、セイトひとり。

みずからがピアニストであると同時に、ピアノの先生でもあり、ドイツ語の正規通訳、英語はもちろんネイティブ、フランス語の教師でもあるみゆきは、ヨガに際しても「センセイ」であることはやめない。

「初心者」であり、なによりも、大切な「オット」であるはずの私にも、一般生徒のように、優しい、静かな口調で、

「もっとまっすぐね」

「指はスーッと伸ばして。もっとスーッと。そうです。そう、そう」

「背中を丸めないでね。そうでーす、そう。いいわよ~!」

「息を吐いて。ふーっと。ふーっと。はーい。できてるわよ。」

私が弱音を吐いたあと、

「お願い。冷やかさないでね。わたし、真剣になっているんだから、テリーも頑張ってね」諭し聞かせる本気な先生でありました。

 

でも、みゆきセンセイ、新しい、ひとりだけの生徒のために、すごく高価なヨガマットを買ってきてくれたり、大いに喜んで、楽しんでくれている。

こんなことも、私の大改造の効果なのだろうか。

 

来週、二回目の血液検査の結果が出る。

 

大改造、過激に進行中

Backnumber

葉山 喜寿婚の浜「没落貴族」の謎 ふたりだけのファッションショー |

季節の味覚 没落貴族の食卓 | 変わりゆく私 | 感謝、感動のときまだ続く「黄金時代」

公共の電波で 愛を叫ぶ  | 『ベニスに死す』と共に | 笑顔と花束と、拍手と

遠い花火、近い花火 | 行く夏に | 祭り 夏の終わり、秋の始まり葉山の「おしゃれ」を変える?

「HAYAMA TIME」立ち上げー! | 心のひだに愛を詰めて | 幻想の世界、神の世界

サロンコンサートの幸せ | スーちゃん介護の年末年始 年末年始は波乱万丈響け「歓喜の歌」

スーちゃんの空プーリーの新居だよ新しい「聖家族」 | プーリーが(やっぱり)いる風景

太陽の季節 葉山の静かな空 | 「HAYAMA TIME」第2弾 秋冬コレクション | 遠い記憶の中の住まい

年寄りの病気ばなし | 三度目もトップモデルストイックな 人間大改革 | 大改造、過激に進行中

Series6