年末年始は波乱万丈

年末年始は波乱万丈
老犬のストライプ、ことスーちゃんが寝たきりになってしまった。

下半身に感覚がまったくなく、歩くことはもとより、立ち上がることもできない。

おむつをして、排尿のカテーテルをつけたまま、ピアノの下の床に幾枚もの布団を敷いて、その上で一日中、朝も昼も夜も、横たわっている。

私たちとしては、見守ることしかできないのだが、それでも定期的に水を飲ませたり、無理に顔を起こして、カリカリの食事を与えなければならないし、床ずれ防止のために2時間おきに身体の向きを変えなければならない。

上体には力も感覚もあるので、起き上がろうとして犬搔きのように前脚をバタバタ、ガリガリ動かし、それで布団からはみ出したり、ピアノの脚に頭をぶつけたりするので、その度に大きな身体を抱きかかえて、元に戻さなければならない。

感覚がないはずの下半身でも、どこか痛いところがあるらしく、無理に抱え上げようと
すると、がーっと怒って顔を振り、噛みつこうとする。

大好きなみゆきに対してもそうする姿が哀れで、

「スーちゃん、ごめんね。スーちゃん、ごめんね」

その度にみゆきは涙を流す。

このままでは、みゆきとスーちゃんの両方がおかしくなってしまう。壊れてしまう。

いま、一緒にいてやれるのは、傍にいて、助けて、守ってやれるのは、私しかない。
だから私は、毎日朝から「ミユキハウス」に来て、スーちゃんの傍にいる。
スーちゃんの世話で、満足に眠ることなどできないみゆきには、私がいるあいだは2階のベッドで休んでもらう。

年末年始は波乱万丈
そうすることで、スーちゃんの世話も上達し、みゆきに休息をとらせることもできるようになったのだが、それでも少し離れたところにある私のマンションには、プーリーがひとりで待っているから、日に1、2度は散歩をさせに帰らなければならないし、夜はプーリーと一緒にいてやらなければならない。

プーリーを連れて「ミユキハウス」に行ってやることができればいいのだが、寝たきりのスーちゃんと、元気いっぱいのプーリーとでは、なにが起こるか。

そんな恐ろしいことはとてもできない。

だから私たちは、スーちゃんもプーリーも含めて、まったく不自然で、気の休まるときもない、疲れる日々を送っていたのだ。

なんとかしなければならないが、なにをどうしていいのかわからない。

私たちには、年末年始もなかった。

昨年は揃って出かけた、除夜の鐘も、深夜の初詣でも、当然のように最初から諦めていたし、かなり以前から張り切って材料を揃えていたお節料理も、手付かずのまま冷蔵庫の中。

正月六日の顕現祭にはしまうことになっているクリスマスツリーだけが、そんな部屋でむなしく煌めいていた。

 

年末年始は波乱万丈
あれはいつだったろうか。

元旦だったか、大晦日の朝だったか。それさえも、いまは思い出せない。

私は、自分のマンションで久しぶりにゆっくりしているつもりだった。

というのは、みゆきの娘のプリシラが、正月休みの3日間を「ミユキハウス」にきてくれていたからだ。

ほんとうなら、母親の家でなにもしないでのんびりくつろいでいるはずの3日間なのに、プリシラは母の手助けとスーちゃんの世話にそれを費やしてくれることになった。

これまで、スーちゃんの隣に布団を敷いて、添い寝のような形で眠れない夜を過ごしていたみゆきに代わって、その役を引き受けてくれる。

だから、みゆきも自分のベッドで眠ることができるし、私もプーリーとの時間を過ごすことができる。

そう思っていたのだが、なにか気になる。

なにか感じる。

なにかが起こっている。

そんな気がして、私は短い距離を車を走らせ、「ミユキハウス」に向かった。

 

予感は当たった。

玄関の戸を開けて、

「おはよう!」

務めて明るく呼びかけると、すぐ近くのリビングルーム、つまりスーちゃんがいるピアノ室で、なにやらただごとではない気配。みゆきとプリシラがなにやらいい合っている。

入っていくと、そこはまさに修羅場であった。

詳しくは書けないし、書きたくもないが、スーちゃんが激しく身体を壊していた、ということだ。

部屋には異臭があふれていた。

みゆきとプリシラが、おろおろと、それでも懸命にスーちゃんを支え、おむつを替え、汚れをふき取り、している。

朝、スーちゃんの異変に目覚めたプリシラが、ひとりではどうすることもできず、
「ママーッ! ママーッ!」
叫び、みゆきが驚いて降りて来て、なんとかしようとしている。
そんなときだったのだ。
みゆきもプリシラも、パジャマのままだった。

 

年末年始は波乱万丈
私も清掃と看護作業に加わったが、素人が3人、一向にはかどらないし、第一、どうすればいいのか。
「そうだ。ハルちゃんに聞いてみよう」

ペットシッターの山口治美さんに、電話をしてみることにした。ラインではじれったい。

こんな時期に忙しいだろうと思ったし、実際に大忙しのはずだったのだが、治美さんは、

「わかりました。すぐに行きます」

30分後には駆けつけてくれた。

こうしたときのためのブラシや洗剤、そして動けないスーちゃんをバスルームに運ぶための、滑車のついた簀の子まで持ってきてくれていた。

まさに、地獄で仏。

それからは、女3人。
「テリーさんは邪魔です」

簀の子にスーちゃんを乗せてバスルームに運び、ぬるめのシャワーで洗い、消毒し、乾かし、もちろん総とっ替えしたスーちゃんをベッドに戻す。

「テリーさんもなにかしたいのなら、買い物に行って来てください」

すべての仕切りを治美さんがしてくれた。

 

年末年始は波乱万丈
すっかり綺麗になったスーちゃんを見ながら、治美さんはこれからの心得、作業などを丁寧にレクチャーしてくれ、プリシラがやがて東京に帰ることを知ると、

「テリーさんは、ここにずっといてあげてください。スーちゃんのためと、みゆきさんのために。プーリーちゃんはわたしが預かりますから、安心してここにいてあげてください」

治美さんが女神に思えたときであった、というのは少々いい過ぎ。

 

治美さんとプリシラのおかげで、なんとか正月を送ることができた。

元旦ではなかったが、みゆき手作りのお節料理も笑顔で食べた。

 

私はずっと「ミユキハウス」。

2、3日に一度マンションに帰るが、衣類とか本などを取りに行くためで、生活の場はほとんど移っている。

あるとき、みゆきがしみじみといった。

「わたしたち、ようやく結婚したんだなって、思うわ」

スーちゃんのおかげで、といったようだった。

 

 

年末年始は波乱万丈

Backnumber

葉山 喜寿婚の浜「没落貴族」の謎 ふたりだけのファッションショー |

季節の味覚 没落貴族の食卓 | 変わりゆく私 | 感謝、感動のときまだ続く「黄金時代」

公共の電波で 愛を叫ぶ  | 『ベニスに死す』と共に | 笑顔と花束と、拍手と

遠い花火、近い花火 | 行く夏に | 祭り 夏の終わり、秋の始まり葉山の「おしゃれ」を変える?

「HAYAMA TIME」立ち上げー! | 心のひだに愛を詰めて | 幻想の世界、神の世界

サロンコンサートの幸せ | スーちゃん介護の年末年始 年末年始は波乱万丈響け「歓喜の歌」

スーちゃんの空プーリーの新居だよ新しい「聖家族」 | プーリーが(やっぱり)いる風景

太陽の季節 葉山の静かな空 | 「HAYAMA TIME」第2弾 秋冬コレクション | 遠い記憶の中の住まい

年寄りの病気ばなし | 三度目もトップモデルストイックな 人間大改革 | 大改造、過激に進行中

たかが健康のために

Series6