スーちゃんの空

スーちゃんの空浜に立って見上げる空は、見事な茜色に染まっていた。

この空のどこかに、スーちゃんがいる。

その姿が、私たちには見える気がする。

いまスーちゃんは、天国へと続く虹の橋を渡っている。

スーちゃんの声が聞こえる。      

 

「ありがとう。ママ」

「ありがとう。テリー」             

 

私たちも、声に出さずに、それに答える。

 

「ありがとう。スーちゃん」

「ありがとう。ストライプ」

 

スーちゃん、こと、ストライプは、私たちの胸に、大きな幸せを残して旅立っていった。私たちは、スーちゃんの背に、大きな幸せを乗せて、送り出した。

 

 

スーちゃんの空私がスーちゃんの隣に敷いた布団で寝るようになって、初めのころはママの姿を求めるかのように、幾度も起き上がろうとしては起きられずに、マットを激しく掻いたり、頭を床にぶつけたりして私を慌てさせていたが、そのうちにそうした動きはほとんどなくなり、深夜に2、3回水を飲ませる際に、身体の向きを変えてやるだけで、あとは私もスーちゃんも、朝までゆっくり、静かに休むことができるようになった。

スーちゃんに、暴れる力がなくなったせいかもしれなかったが、私たちには、スーちゃんが安心してくれているように思えた。

「スーちゃんは、解ってくれているのね」

みゆきはいう。

「そのときが近づいているのが、解っているのね。だから、私たちにも安心してもらおうとして、静かにしてくれているのね」

 

スーちゃんの空スーちゃんは、みゆきの言葉に、微かに笑顔を浮かべてくれたようだった。

 

そのころから、みゆきは泣かなくなった。

「いっぱい泣いたから、もう泣かない」

そしていう。

「わたしが泣いたら、スーちゃんが幸せに旅立てなくなるから」

 

スーちゃんがいよいよ旅立つそのときには、みゆきはやはり泣いたが、それはスーちゃんが幸せに旅立ってくれたことへの、感謝の涙であったろう。

 

旅立つ数日前から、スーちゃんの表情は目に見えて柔らかくなった。

穏やかになった。

やさしくなった。

 

 

スーちゃんの空スーちゃんが逝ったのちに、花を持って、お別れに来てくれた女性、「エスメラルダ」の麻実子店長がいった。

「一年ほど前から、スーちゃんが変わったなと思っていたんですよ」

それまでのスーちゃんは、みゆきを守ろうとしてか、周囲に目を光らせていた。警戒心をあらわにしていた、という。

そうだったろうか。

そういえば、ほかの犬にキッとした目を向けることもあったし、それが私であっても、みゆきの肩に手を回したりすると、ウーッとうなり声をあげることもあった。

ママは、みゆきは、ぼくが守るんだ。

その思いが伝わってきていたという。

ところが、

スーちゃんの空「一年ほど前だから、おふたりが結婚なさったころですよ。スーちゃんが穏やかになったんです。もう、テリーさんにママを任せてもいいんだ。そう思うようになったんじゃないでしょうか」

そうだったのか。

周囲の目にもそう映っていたのか。

スーちゃんが、おしまいのころ、私の側で安心しきって眠ってくれたのは、私に対する信頼のためだったのか。

ここでも、私はいわなければならない。

スーちゃん、ありがとう。

スーちゃんのママは、ずっと大切に守っていくからね。

 

スーちゃんの空もういよいよおしまい、というとき、窓からは柔らかな光が流れていっていた。

みゆきが、横たわっているスーちゃんにそっと顔を寄せた。

スーちゃんも、ゆっくりと顔を起こした。

スーちゃんとみゆきは、静かに見つめ合っていた。

スーちゃんとみゆきは、同じ言葉を話しているようだった。

 

「ありがとう」

 

スーちゃんは、もう虹の橋を渡り終えただろうか。

 

 

 

スーちゃんの空 スーちゃんの空

 


 

 

Backnumber

葉山 喜寿婚の浜「没落貴族」の謎 ふたりだけのファッションショー |

季節の味覚 没落貴族の食卓 | 変わりゆく私 | 感謝、感動のときまだ続く「黄金時代」

公共の電波で 愛を叫ぶ  | 『ベニスに死す』と共に | 笑顔と花束と、拍手と

遠い花火、近い花火 | 行く夏に | 祭り 夏の終わり、秋の始まり葉山の「おしゃれ」を変える?

「HAYAMA TIME」立ち上げー! | 心のひだに愛を詰めて | 幻想の世界、神の世界

サロンコンサートの幸せ | スーちゃん介護の年末年始 年末年始は波乱万丈響け「歓喜の歌」

スーちゃんの空プーリーの新居だよ新しい「聖家族」 | プーリーが(やっぱり)いる風景

太陽の季節 葉山の静かな空

Series6