三度目もトップモデル

 今年の夏は、命に関わる暑さなので、高齢者はなるべく外出せず、エアコンの効いた室内で静かにしているように、というお達しだった。

なにごとも素直にいうことを聴く私としては、それを守ってほとんど部屋、テリーズバーでプーリーと一緒に過ごしていた。

三度目もトップモデルみゆきはまだ高齢者ではないし、買い物や社交などで忙しく出歩いていたし、ミユキハウスでのピアノレッスンも、夏休みで回数こそ減っていたものの、やはりきちんとある。

その上に、引きこもっている困ったテリーのために、健康に気を配ったさまざまな料理を作って、テリーズバーに届けてくれる。

それを一緒に食べたり、

「帰ってテリーと同じ食事をするのよ」

この「ミユキ宅配便」のおかげで、のうのう、だらだらと生き抜いて、

「これぞまさに没落貴族」

などと、ひとり悦に入っていたわけだが、そんな恵まれた暮らしの中、わずか一日ではあったが、炎天下に出ていかなければならない大切な仕事があった。

 

モデルとしての仕事。

 

三度目もトップモデル東京にスタジオもショップもあるが、生活の本拠地は葉山。

葉山で、愛犬ダルメシアンと暮らし、この地でアイディアを生み、デザイン画を描き、世に送り出している高名なデザイナー、宮坂由美さん。

このひとが、葉山に移ってきて間もない二年余り前、森戸海岸の浜や「エスメラルダ」でいつも一緒にいる私とみゆきと出会い、話し合うようになり、

「みゆきさんとテリーさんにイメージをいただいて、インスパイヤーされて、新しいファッションが生まれました」

といってくれた。

生まれたのは「HAYAMA TIME」なるブランド。

身体の中を海の風が通り過ぎていくような、とのイメージで生まれた「HAYAMATIME」のカタログ撮影には、当然みゆきが起用された。

昔、とはいえトップモデルだったみゆきは当たり前だとしても、婦人服のカタログにただひとり登場する男性モデルが私、というのは、照れくさいというか面映ゆいというか。

三度目もトップモデル「HAYAMA TIME」の第一回春夏もののカタログ撮影は、一年ほど前に行われ、まもなく「エスメラルダ」で多くのひとを集めて展示会が催された。

第二回の秋冬ものの撮影は、今年の二月だったか。

どちらも、葉山の浜や海岸通りの街角、「エスメラルダ」、「ラプラージュ」、「菊水亭」といった、葉山のランドマーク的な店を舞台にしていたが、その二回とも私はワンカットずつ登場している。

一回目は、テリーズバーと同じマンションにある「ラプラージュ」の窓辺のテーブルで、イエローの鮮やかなシャツを着た私が、みゆきと見つめ合っているというクサイ絵柄。

二回目は、ミユキハウスでピアノに向かうみゆきの傍に立ち、妻にやさしい笑顔を注いでいる赤いニット姿の私。これは割に実際に近かった。

こんな駆け出しモデルの私に、由美さんは、

「婦人服のブランドなのに、この紳士ものに注文がたくさん来ているんですよ」

とお世辞をいってくれる。まったく、うまいんだから。

 

三度目もトップモデルそして「HAYAMA TIME」第三回目の撮影。

撮影のメインは、葉山でも私たちの森戸海岸からは少し離れて、海岸通りに面した「サニー・ファニー・デイズ」というおしゃれな店。

軽い飲み物などもあるが、本来はサーファーたちのベースキャンプであったり、ヨガの集まりの場であったりというユーティリティスペース。

写真を見てもらえればわかるが、みゆきが岩浜で話している若者が、その「サニー・ファニー・デイズ」のスタッフ。

陽光の下、サンデッキでみゆきとおしゃべりしているのが、デザイナーの宮坂由美さん。

面白いのが、ウッドデッキでくつろぐ四人の女性の俯瞰写真。

三度目もトップモデル私たちがいつもお世話になっているペットシッターの治美さん。

やはりハマトモ、イヌトモのめぐみさんことメグちゃん。

「エスメラルダ」などの壁を飾ったり、ユニークなTシャツをデザインしたり、前には私とみゆきが踊っている姿を描いてくれた、イラストレーターのタツノさん。

宮坂由美さんの友達、M子さん。

四人とも私たちの周囲にいつもいるひと達なので、この仲間感、「HAYAMA TIME」感はハンパない。みゆきと由美さんの写真が続いて、トメはみゆきと、真打ちモデルのテリー。

「サニー・ファニー・デイズ」の一室で、にこやかに語り合っている絵柄。

父と娘には見えないだろうな。

 

三度目もトップモデル実はこの撮影、まさに火を噴くような炎天下で行われたのだが、

「テリーさんは、自分のシーンのときだけ来てください」

と気を使ってもらって、ぎりぎりに車を走らせた。

だが、こちらも気を使って、熱した身体に貼る冷却パット(?)などをいっぱい買い込んで差し入れた。

モデルも、気を遣うのであります。

撮影現場に着くと、みゆきが、

「ちょっと」

といいながら、私の顔に小さなパフで化粧品を塗る。

コンシーラーといい、ドーランの一種で、肌荒れや、シミ、傷跡など隠すものらしい。

前回書いたように、私は夏前に顔面に帯状疱疹が現れて、いくつもの傷、かさぶたができていた。

撮影のころにはすっかり治っていたのだが、それでも少し気になる部分があって、ということらしいが、撮影前に「メイクさん」のお手入れを受けるとは、もしかしたら私はやはり立派なプロモデルかな。

 

三度目もトップモデルこの「HAYAMA TIME」三回目の展示会初日、私は「エスメラルダ」に出かけた。

そして、関係者の、

「お疲れさま! カンパーイ!」

で、私が口にしていたのは「エスメラルダ」特製の野菜ジュース。

周囲がどよめいたね。

「どうしたんですか?」

「お身体、どうかしたんですか」

私は、ゆったりと微笑んで答えたのであります。

 

「酒は、やめました。もう三週間、一滴も飲んでいません」

 

この話は、次回に譲ろう。

 

 三度目もトップモデル

 

 

 

Backnumber

葉山 喜寿婚の浜「没落貴族」の謎 ふたりだけのファッションショー |

季節の味覚 没落貴族の食卓 | 変わりゆく私 | 感謝、感動のときまだ続く「黄金時代」

公共の電波で 愛を叫ぶ  | 『ベニスに死す』と共に | 笑顔と花束と、拍手と

遠い花火、近い花火 | 行く夏に | 祭り 夏の終わり、秋の始まり葉山の「おしゃれ」を変える?

「HAYAMA TIME」立ち上げー! | 心のひだに愛を詰めて | 幻想の世界、神の世界

サロンコンサートの幸せ | スーちゃん介護の年末年始 年末年始は波乱万丈響け「歓喜の歌」

スーちゃんの空プーリーの新居だよ新しい「聖家族」 | プーリーが(やっぱり)いる風景

太陽の季節 葉山の静かな空 | 「HAYAMA TIME」第2弾 秋冬コレクション | 遠い記憶の中の住まい

年寄りの病気ばなし | 三度目もトップモデルストイックな 人間大改革 | 大改造、過激に進行中

Series6